痛風ガイドライン

痛風ガイドラインによると、発症リスクを増やす痛風の原因としては肉類、魚介類の摂取やアルコールの摂取量が多い、糖分の多い飲料を週に5?6回以上飲む、果物ジュースや糖分の多い果物の取りすぎ、肥満や太りすぎ、メタボなどがあげられています。
MENU

痛風ガイドラインによる発症リスクを予防する方法?

 

 

新しい痛風のガイドラインによると、痛風患者は生活習慣病患者の増加にともない、かなりの勢いで増えているようです。

 

まさか自分が痛風にかかるなんて、と思っている人も多いでしょうが、すでに痛風は人ごとではなくなりつつあり、以前よりずっとポピュラーな病気へと変化しつつあります。

 

また、以前はほとんどいなかった若年層や女性の痛風患者も増える傾向にあり、社会環境の変化が及ぼす影響も懸念されるところです。

 

 

 

痛風ガイドラインによると、発症リスクを増やす痛風の原因としては肉類、魚介類の摂取やアルコールの摂取量が多い、糖分の多い飲料を週に5?6回以上飲む、果物ジュースや糖分の多い果物の取りすぎ、肥満や太りすぎ、メタボなどがあげられています。

 

発症リスクを減らすためには、プリン体の多い食品を減らし、適度な運動をし、適正体重を保つこと、バランスの良い食事とアルコールの制限などを守ると良いということ。

 

 

また、乳製品の摂取が多いと、発症リスクが減るということも言われています。

 

この他、意外なことですが、コーヒーを良く飲む人に痛風の発症リスクが少ない、ということも調査の結果わかったそうです。

 

いずれにしろ、痛風の予防をするためには、バランスの良い食事と生活が大切で、生活習慣病を予防するような生活が痛風のリスクも減らす、ということが言えそうです。

 

 

 

このページの先頭へ