痛風 痛み止め

痛風の痛み止めを薬局などで購入する時は、痛み止めの成分に気をつけて選ぶ必要があります。アスピリンが配合されている痛み止めは、痛風の症状を逆に悪化させてしまい、逆効果になってしまうことがあります。
MENU

痛風の症状を悪化させてしまう痛み止め?

 

 

痛風の痛み止めを薬局などで購入する時は、痛み止めの成分に気をつけて選ぶ必要があります。

 

アスピリンが配合されている痛み止めは、痛風の症状を逆に悪化させてしまい、逆効果になってしまうことがあります。これはアスピリンは多量に飲めば尿酸値を下げる作用があるのですが、市販薬の服用の範囲では、尿酸値を上げてしまう作用があるからです。

 

 

これを知らずに、バファリンなどの知名度の高い痛み止めを飲んでしまうと、アスピリンが主成分のため、痛風の痛みを悪化させたり、症状を長引かせてしまう危険性がありますから、注意が必要です。

 

痛風の痛み止めをやむなく市販薬で間に合わせなければならない時は、イブプロフェンを主成分とした「EVE」などの鎮痛剤を選ぶようにして下さい。ただ、市販薬で痛風の痛みを止めるのは、できるだけ緊急の場合だけにとどめるように、病院から処方された薬を手元に置くようにしたいものです。

 

薬は飲み合わせによっては副作用もあり、体に悪影響を及ぼすことも考えられます。特に、別の病気で病院に通院していて、その薬を飲んでいる人は、勝手な判断で市販の痛み止めをのむことで重篤な副作用を起こす危険もあります。

 

安易に市販の痛み止めに頼るのではなく、痛風の疑いがあると思ったら、すぐに病院を受診するようにして下さい。

このページの先頭へ