痛風 完治

痛風の症状が完治しにくい病気であることは、尿酸コントロールに苦労する人は痛いほど感じていることかも知れません。痛風発作と言われる痛みの発作が数日間でおさまったとしても、痛風が治ったわけではありません。
MENU

痛風の症状は完治しない?ウソ?ホント?

 

 

痛風の症状が完治しにくい病気であることは、尿酸コントロールに苦労する人は痛いほど感じていることかも知れません。

 

痛風発作と言われる痛みの発作が数日間でおさまったとしても、痛風が治ったわけではありません。尿酸値が高くなると、またすぐに痛風の痛みに襲われてしまいます。

 

 

痛風は完治させるというよりも、症状を改善して行くための努力が重要だと言えるでしょう。痛風の食事療法と薬物療法を併用して、痛風発作を起こさないようにします。

 

薬物療法だけでは根本的な痛風治療にはならず、食事療法だけで尿酸値のコントロールを行うことは困難です。

 

 

痛みの発作が起きないからと言って、痛風が治ったわけではありません。医師の指導を良く守り、発作が起きないよう、根気よく治療に取り組んでいくことが、辛い症状を抑えるために大切です。

 

痛風は完治しないからとあきらめて絶望的になってしまうのではなく、積極的に生活習慣の改善をはかり、発作が起きないよう努力しましょう。

 

痛風の治療には根気が何より大切です。無理をして、悪化させると、痛風結節や腎機能障害など、合併症へと進行してしまいます。

 

痛風で本当に怖いのは、合併症です。そこまで進行することのないよう、早い段階で、しっかりと治療して下さい。

 

 

このページの先頭へ