痛風 検査

痛風の検査では、まず血液と尿の成分による診断が行われます。この結果に患部の状態やエックス線撮影の結果、問診をあわせて痛風と診断される場合がほとんどです。
MENU

痛風を予防するための検査とは?

 

 

痛風の検査では、まず血液と尿の成分による診断が行われます。

 

この結果に患部の状態やエックス線撮影の結果、問診をあわせて痛風と診断される場合がほとんどです。

 

また、痛風を発症させる原因となる高尿酸血症の分類をし、腎機能を調べるため、尿クリアランスとクレアチニンクリアランスの検査が行われることもあります。この検査により、尿酸がたまる原因を産生過剰タイプ、排泄低下タイプ、混合タイプと分けることができます。このタイプによって、薬の処方が決められることがあります。

 

 

さらに痛風の検査にともなって合併症の検査が、行われる場合もあります。身長・体重の測定や中性脂肪の異常、心臓循環器系や腎機能の検査、糖尿病の有無などが調べられます。

 

しかしまだ初期の場合には、痛風の検査はごく基本的なもので行われるのが普通です。

 

 

痛風の症状が進む前であれば、正しい薬の服用と食生活の改善、生活習慣の見直しなどで進行を抑えることができます。

 

病院に行く時間のない人などのために、痛風の診断を自分で自宅でできる血液診断キットも市販されていますが、やはり基本は病院を受診して、適切な検査と診断を受けることがご自分のためと思います。

 

何度も辛い激痛を繰り返さないためにも、痛風の予防として早めの検査をおすすめします。

 

このページの先頭へ